複業とブログ
働き方

学歴が意味ない仕事

学歴が意味ない仕事

仕事に学歴なんて意味ないんだよ、実力主義だ、と言いたいところですが、現状、学歴はとても大切です。

どの大学の卒業かということは、仕事の質というよりも、その仕事の現場に立てる権利、すなわち就職の際に非常に重要になります。

「学歴フィルター」〜就活に「学歴」は意味ない? 必要?〜就活に学歴は意味ない? 必要? どんな高校出身で、どんな大学のどんな学部に入ったか、という「学歴」。 昨今、就活に学歴は意味がな...

学歴フィルターという言葉もあるように、ひとまず学歴を基準に人数を絞る、ということが一番手っ取り早く、コスパの高い選出方法だからです。

人物重視と言っても、やはりある程度の学力が必要、となれば分かりやすい目印は学歴になります。

学歴のある学生が面白いことを言えば、柔軟性もある高学歴学生ですが、学歴のない学生が面白いことを言っても単なる面白い青年です。

企業側としても、採用に失敗したくない心理が働くので、ますます高学歴(学力については少なくとも我慢強く勉強してきた証拠)の学生に偏っていく傾向にあるでしょう。

もし学歴がない場合は、一つの対策として、筆記試験を徹底することをおすすめします。

3年生のときから、徹底的にSPI3や、一般常識テスト対策に全力を注ぐべきです。私は今まで相談に乗ってきた学生には、筆記試験の勉強を頑張るようにアドバイスしてきました。高偏差値大学の学生がいい成績でも、人事は驚きませんが、低偏差値大学の学生が同等の点数を取れば、必ず面接の際にも聞かれて好印象のようです。

出典 : 就活「学歴フィルター」復活の兆し、巧妙化する手口と実態

もう一つは、学歴が意味のない仕事を選ぶことです。

手に職をつけたり、また専門の資格の勉強をすれば、学歴に匹敵するアピールポイントになり、武器になります。

また、起業というのも、学歴が大した意味のない選択の一つです。

特に、ニートや現役の大学生でも割と初期投資が少なく小規模で始められる、おすすめの仕事が、「ブログ」です。

ブログで稼ぐ、というと、どんな方法が想像できるでしょうか。以下、「ブログで稼ぐ」方法をざっくりと説明したいと思います。

ブログで稼げるには

怪しい情報商材も多いので、ブログで稼ぐ(アフィリエイト)と言うと、ちょっと身構えてしまうかもしれませんが、基本的な構造はテレビや雑誌と一緒です。

自分のコンテンツ(ブログ)を作成し、そのコンテンツの途中などに広告を挟み、広告会社から収入を得る、という仕組みです。

今は新聞社も、自社のサイトで記事を無料公開し、その途中に広告を挿入しています。

より多くのひとが読みにきてくれれば、そのぶんだけ収入の増える可能性も上がります。

ブログについて、どんな内容が思い浮かぶでしょうか。

例としては、好きな漫画のブログでも結構です。好きな漫画の感想や、キャラクターの雑学、モデルとなった舞台巡りなどをブログに書いていきます。

そして、たとえば記事の最後にAmazonの広告を貼ることで、そのリンクから商品を購入してもらえたら紹介料が入ってくる、という方法です(広告には様々な方法があります)。

いきなり月々10万円といった収入は入ってきませんが、そのぶん小さく始めやすいですし、初期費用もほとんどかかりません。

人が苦手なニートのひとや、大学生の趣味の範囲で、「とりあえず初めてみる」というのに打って付けです。

ブログは学歴が意味ない仕事?

それでは、ブロガーやアフィリエイターといったネットを主戦場にした仕事には、学歴は意味がないのでしょうか。

基本的には必要ありません。

別にプロフィール欄などに学歴を書いてもいいですが、それよりも、「○○のガチオタク」「○○歴20年」といったことのほうが読んでいる側の説得力に繋がります。

また、「離婚歴三回」というのも、ブログのテーマによっては立派に説得力を持つ資格になりますし、「イスラム圏でおすすめの映画」といったテーマであれば、「ムスリム」であることも強みになります。

ツイッターやインスタグラムといったSNSともうまく連動させながら、ブログで情報発信をしていきましょう。

自分の趣味でこれはよく知っているというもの、自分の過去で強みになる経験や属性、他のひとと少し違うこと、これから学んでみたいもの、なんでもブログで表現することができます。

その際には、学歴は(よほど高学歴であったり、ブログのテーマと関わっていないかぎりは)ほとんど意味のないことであることが分かると思います。

ちなみに、ブログ一本では不安でしょうから、理想としては、経験の積める仕事につきながら、その仕事に関連するブログや個人的な趣味をテーマにしたブログを副業(あるいは複業)として行う、というのがおすすめです。