複業とブログ
書き方

ブログの文体〜敬語とタメ口はどっちがいいか〜

ブログの文体論

ブログ初心者が、ブログの執筆を始めるに当たって、「サイトのタイトル」や「テーマ」の次に考えたい重要なポイントが、「文体」です。

文体とは、書き方のスタイルのこと。

たとえば、敬語(丁寧語を使った「です・ます」調)の書き方もあれば、いわゆるタメ口や「だ・である調」の書き方もあります。

また、どちらの書き方でも、きっちりとした説明文のような形もあれば、喋り言葉で語りかけるように書くひともいます。

その他、句読点の有無やタイミング、漢字とひらがなの分量、行替えのポイントなどもそれぞれ違います。

文体というとちょっと大げさかもしれませんが、ブログの文体の統一感は意外と重要です。

各々読み手にとって心地のいい文体というものがあり、その好みによって最後まですんなりと読んでもらえたり、他の記事も読んでみたいな、と思わせることができます。

以上を踏まえ、この記事では、ブログを書き始めるときの「文体」について解説したいと思います。

敬語か、タメ口か

まずは、敬語か、それともタメ口か、といった点から考えてみましょう。

敬語、特にこの場合は丁寧語(です・ます調)ですが、個人的な経験から言うと、初心者ブロガーさんは「丁寧語」で書くことをおすすめします。

僕は当初、書き慣れた書き方として、「だ・である調」で書いていたのですが、よほど自分に自信のある分野だったり、自分の主観的な感想や巧みな表現力がないかぎり、その文体だとどうしてもどこかで無理が生じてきます。

せっかくサイトにたどり着いたひとも、これは私に向かって話してくれているんじゃないのかな、と思って読むのを止めてしまいかねません。

この「だ・である調」は、一人語りの書き方になるので「読ませる力」が求められ、ややもすると自己満足に陥ってしまうリスクがあります。

敬語で書くことで読み手を意識する習慣を。

アフィリエイトで商品を紹介したり、自分のおすすめを語るためには、やはり相手の存在が前提となっている「丁寧語」のほうが、書いていても読んでいても自然です。

逆に、持論を語る。主観を語るといった目的の場合は、気軽な雰囲気を出せるタメ口や「だ・である調」のほうが馴染み、筆も進み、パワーを持つ場合も多いでしょう。

ただ、基本的には丁寧語で書くほうが、書く側も書きやすいですし、読み手も読みやすいと思います。

書き言葉か、喋り言葉か

もう一つの軸として、「書き言葉」か、「喋り言葉」か、といったポイントもあります。

僕は、このサイトでは、「敬語(丁寧語)」で「書き言葉」を基本の形として選択しています。

ただ、この辺は、それぞれ書きやすい形で書くのがよいでしょう。

たとえば「タメ口」でも、「喋り言葉」と組み合わせると、案外フランクで読みやすい場合もあります。

また、「丁寧語」で「喋り言葉」であれば、接客のような心地よさを読み手に与えることができます。

試しに、この記事の冒頭を、「丁寧語」で「喋り言葉」に変えたいと思います。

みなさん、こんにちは!

ブログ初心者がブログを書き始めるときにぶち当たる壁ってなんだと思いますか?

サイトのタイトル?

テーマ?

もちろんこうした点も大切ですが、じつは地味に重要なのが「文体」です。

“文体”ってなんだっけ?

文体というのは、ざっくり言えば書き方のスタイルみたいなものですね。

と、こんな風に。

もしかしたら、こちらのほうが好きというひともいるかもしれません。

ただ、正直これは僕自身の問題として、このテイストで記事を書き続けるのが難しいかな、という判断から、ひとまず今のような文体で書いています。

実際はそれほどきっちりと分かれていない場合も多く、上手に混ぜ込んでいくのも一つの手法ですが、いずれにせよ、ブログを始めるときは、こうした「文体」を意識してみるとよいでしょう。

文体は、本や雑誌、自分の書きたいジャンルと同じジャンルのブログなどを読んで、どんどん真似してみるのもおすすめです。

その他、記事では触れていませんが、句読点のタイミングや、漢字とひらながのバランス、ビックリマークや顔文字、一人称。

さらには吹き出しに囲み線、写真なども含め、広い意味での「スタイル」、自分が書きやすい「文体」が見えてくると、書くことそのものが楽しくなってくるので、ぜひ書きながら自分の形を探ってみて下さい。